愛の巣
愛の巣HOMEです


淫乱の部屋blog



愛の巣 小説表紙
愛の巣小説表紙





淫乱の部屋(1)-1-

淫乱の部屋(1)-2-

淫乱の部屋(1)-3-

淫乱の部屋(2)-1-

淫乱の部屋(2)-2-

淫乱の部屋(2)-3-

淫乱の部屋(3)-1-









淫乱の部屋(1)-1-
 1~12 2013.9.4~2013.9.13


    

-1-

優子ってなまえには子がつくから、優子は好きではありませんでした。
でも、AKBのメンバーに優子ってなまえの子がいたから、優子でよかったと思う。
その優子、実名は中島優子なんですけど、ええ、京都の大学生、二年生です。
文学部に在籍していて、古典文学に興味があって、でも与謝野晶子とかも好きです。
樋口一葉は、ちょっと物静かな感じがして、優子、あんまり好きにはなれない感じなの。
美女の定義はむつかしいけど、優子は男子から、美女だと言われているんです。
それで、大学の文学同好会の先輩男子で、光って名前のひとがいるんです、光源氏。
光源氏はあだ名で、実名は山之内光、とっても優しくて高貴なお方のようにも見えます。
優子としては、光源氏、光のことが、なんとなく、好きなタイプの男子なんです。
その家来に、木村翔太、村井健介、いずれも大学四年生で、文学青年な感じの男子。
優子は、光と友だちになっているんですが、翔太とか健介からも、迫られています。
三人の男子は、トトロの会ってグループを作っていて、映画制作をしているんです。
「モデルになってほしいんだよなぁ、優子ぉ」
「ええっ、わたしがモデルになるってぇ?!」
「だって、優子は、なんてったって、美女なんだから、さぁ」
「そんなの、冗談でしょ、笑ってしまうわぁ」
「本気やで、優子の友だちとかも入れて、三人ほしいんだよなぁ」
「ほんとぉ、それなら、美香とか真衣とかも呼んで、三人組になっちゃう」
男子が三人だから、女子も三人、相性ってあると思うけど、まあ、いいでしょう。
光が乗っている自家用車は、3ナンバーで、レクサスっていう名前の車です。
ほんとうはポルシェって名前の自動車がほしかったみたいだけど、レクサス。
お父さんが実業家で、そうそう、淫乱の部屋は、北山にあるマンションの一室です。
翔太と健介は、光の家来で、なんでも言いつけを聞いて、行動するんです。
でも今日のところは、優子ひとり、淫乱部屋って名前のお部屋に、連れてこられたんです。



-2-

淫乱の部屋は、光のおじいさんが使っておられたマンションの一室です。
2LDKのマンションで、リビングは八畳間が二つ分の広さ、それに四畳半が二部屋。
そのお部屋は、高級な、マンションというよりオクション、一億円以上もしたんですって
だから、女の子が縛られて責められたり、飼いならされたり、調教されたり、される処。
「ううわぁあ、めっちゃ豪華やん、わたし、ここに出入りしていいのね」
「そうだよ、ここで、当分の間、生活するんだよ、休学届を出してさぁ」
「ええ?、どうゆうこと?、どうするってゆうのよぉ」
光の目線がこわくなって、翔太も健介も、ニタニタ、笑っているようにも見えます。
「なんでもないよ、たっぷり、文学の体験学習してもらうだけだよぉ」
リビングのソファーセット、天井には鉄のパイプが渡してあって、なにやら不気味です。
「ほんなら、さっそく、やらせてもらうかなぁ、優子」
「ああん、なによぉ、そんな目で見ないでくださいよぉ」
「おっとっと、優子には承諾書を書いてもらって」
「ええっ、承諾書って、どうゆうことですかぁ」
「映画撮影のためにだよ、契約書みたいなもんさ!」
「書面を作ってあるから、サインだけでいいんだ」
「まあ、ペット契約ってとこかなぁ、いい案でしょ!」
チェック柄のワンピースを着た優子、丈は膝上10cmだから、太ももが見え隠れです。
「中島優子ってさぁ、かわいいよなぁ、AMBのメンバーみたいに、さぁ」
関東出身の翔太が、癖のある関東弁で、優子に言うというより、つぶやきです。
「だから、映画のヒロインだからさぁ、まあ、アダルトだけど、さぁ」
翔太が、続けていいます、健介は、あんまし喋らないで、黙っているだけです。
「ところで、優子は、経験済みなんやろ、男関係、あるんやろ?!」
光が何げなく普通に聞いてきて、優子、なんて答えたらいいのか、一気に羞恥です。
「ふふん、あるんやな、淫乱な方なんやろなぁ、優子!」
光のニタニタ顔に、優子は、真っ赤なお顔になっていきます、男子体験あったけど。



-3-

優子の後ろにいる健介が、抱きつくようにして優子の手を後ろへまわさせます。
手首を交叉させて括ってしまって、手を使えないようにしてしまいます。
「あああん、なにするんですかぁ、あああん、やめてくださいよぉ」
突然のことで、優子、抵抗しようとするけど、身長158cm、体重55㎏、小柄なほうです。
身長175cm、体重80㎏の健介の手にかかったら、優子、身動きなんてできません。
「ほうら、ほら、ほら、脱いじゃおうよなぁ、お洋服、さあ、さあ」
膝上10cmワンピースを着た優子、正面からスソをめくりあげてしまう翔太です。
ワンピのスカートは、お腰のベルトで絞られているから、丸められ下半身を剥かれます。
後ろから、健介に手首を縛られた後は、身動きできないように、抱かれたままです。
股間からお尻とお腹を包んだ白いショーツが、まる見えにされてしまった優子。
白いソックスが足先を包んで、白いショーツがまる見えになって、上半身が剥かれます。
「いやぁああん、離してよぉ、どうしてなのよぉ、こんなことぉ」
優子にとっては予期せぬ出来事、いきなりの行為、でも男子三人には予定どうりです。
優子、ブラジャーを外され、ショーツを脱がされ、ソックスだけ穿いた姿に剥かれます。
三人がかりで、優子を裸にしてしまって、後ろ手に縛って、乳房の上下にも縄です。
「ほうら、優子、ええ格好や、目を見張っちゃうよなぁ」
「いやぁああん、だめ、だめ、そんなの、だめですよぉ」
後ろ手縛りの上半身をテーブルの、天板にうつぶせ姿で、優子、足をひろげさせられます。
「最初によぉ、一発ずつ、いただいちゃうかなっ、優子!」
光が優先順位第一位、いきなり、愛撫なし、勃起させたおちんぽを、ぶすっと挿しこみます。
足を拡げられ、お尻を持ち上げられて前屈みの格好、そこへ勃起おちんぽです。
まだ、優子、十分に濡れていない、膣の中はそれなりに濡れていても、入口は硬いです。
「あああっ、だめぇ、あかん、あかん、ひぃやぁああん」
ぶすぶすっ、強引に、無理やりに、光が挿しこんでくる勃起おちんぽに、優子、呻いちゃう。
ぎゅっと押しつぶされるような、ぎしぎし感がする優子の膣、なん回も、挿されて、抜かれて。
ぶすぶす、ぶすぶす、優子のお蜜で、光のおちんぽが、てかてかに濡れてきちゃいます。
優子、屈辱、後ろ手縛りにされたうえ、うつむいて足をひろげられ、バックスタイルです。



-4-

おからだへの愛撫もなしに、膣に勃起おちんぽを挿しこまれ、ぶすぶすされている優子。
「ほうら、じゅるじゅるに、濡れてきたぜ、優子、ええ女やなぁ」
伏せた優子へ、光が勃起させたおちんぽだけを密着させて、ぶすぶすしているんです。
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん」
二十歳になったばかりの優子、まさかこんな屈辱をうけるなんて思いもかけなかった。、
大学二年生文学部に学ぶ優子を縛りあげ、バックから犯している四年生の光です。
高さ60cmのテーブルに、後ろ手縛りの上半身を伏せさせられている優子。
お尻が持ち上げられ、足をひろげさせられて、そのままバックからの挿入です。
「おおおっ、おれらのアイドル中島優子、ええからだしてるよなぁ」
「服着てたらわからないけどよぉ、でっかい尻してるしよぉ、胸だって抜群だよ」
「ほんま、ほんま、おれらのペットになってくれる優子やからなぁ」
翔太が優子の右太ももを、健介が左の太ももを抱くようにしてひろげさせています。
「あああん、ひぃやぁああん、ひいい、ひいい、ひぃいいい」
太ももを左右に拡げられ、崩れ落ちないように支えられ、光がピストン運動をしています。
「ひぃやぁあああん、はぁああ、はぁああん」
頬を高さ60cmのテーブルにつけ、胸は持ち上がる格好、全裸、後ろ手縛りされている優子。
屈辱、羞恥心、優子は抗うまでもなく、なされるがままに、性器結合されているんです。
翔太と健介が、優子の太ももを抱いて、広げて、挿入される箇所を、注視しているんです。
イケメン男子の山之内光こと光源氏は、強くて長持ち勃起おちんぽで、優子を突きまくりです。
ゆっくり、ぶすっ、ぶすっ、と挿しこんだかと思うと、ぶすぶす、ぶすぶす、テンポを速めます。
「ええわぁ、優子ぉ、めっちゃ、ええわぁ、おお、おお、おおっ」
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいやぁあ、ああん」
そうして、優子をひいひいなかせて、スキンをつけ、射精するところまで駆け上がります。
「おおおおっ、でる、でる、でるぅ、ううううっ!」
イケメン男子の光のお顔が軋んで、ぐっとこらえて、射精、ピクンピクンが優子にも伝わります。
それで許してもらえる筈がなく、すぐに引き続いて、翔太が、優子をいただきます。
バックスタイルから向きあう格好で、翔太は、優子を、後ろ手縛りのまま、頂いちゃうんです。



-5-

十六畳のリビングは調教部屋、大学二年生の優子が学校を休学して、調教されるんです。
先にリーダーの光がバックから、後ろ手に縛った優子を、犯してしまったところです。
はあはあ、うっすらと汗をかいている優子の頬は薄い紅いろ、うるわしいです。
158cm、55㎏の優子、小柄ですけど、お尻の丸さと乳房のぷっくらは、熟れた女子です。
白いソックスだけの優子、手を後ろにして縛られ、乳房の上下にも縄を巻かれた姿です。
筋肉質170cmの翔太が、後ろ手縛りの緊縛を施した優子を、立たせたまま抱きます。
「優子、たっぷり、かわいがってやるから、なっ!」
立ったままの優子、乳房は縄で絞めあがっていて、肌が張っていて、ビンビン乳首です。
白い肌、こころもちピンクに染まった感じは、光から勃起おちんぽ挿入で、濡れたから。
「ああん、そんなの、いやですよぉ、ゆるしてくださいよぉ」
いきなりに緊縛されて犯される、二十歳になったばかりの優子には、耐えられないです。
「まあまあ、そのうち、好きになるからさぁ、すがりついて、哀願しちゃうよ」
後ろ手に縛った優子を抱いて、キッスを求めて、舌を挿し入れていく翔太、ブリーフ姿です。
「ううっ、ふぅうううっ、うううっ」
優子は、お口の中へ舌を挿し入れられて、でも、お舌を絡ませる、なんてできません。
なによりも羞恥心、屈辱感、三人の男子に輪姦されてしまう苦痛で、胸が詰まります。
こらえて、お顔をしかめて、翔太の舌が唇が、離れていくのを、待ってしまう優子です。
翔太が、優子の背中にまわした左手で、優子の交叉させて縛った手首を握ってきます。
そうして、右の手は、優子の乳房のうえに這わされてきて、撫ぜまわされるんです。
「はぁあっ、ああっ、はぁあああ~っ」
縄で絞られた乳房と手首を愛撫され、優子のお口から柔らかいお声が洩れだします。
立ったまま、優子は男子の裸、翔太のからだをこすりつけられ、乳首を唇にはさまれます。
むにゅむにゅ、触られる感覚、えたいの知れない不思議な疼きに、優子、包まれてきます。
でも翔太には、優子の股間、陰唇とか、膣とか、クリトリスとかを触られるのはまだです。
優子は、じらされ、とろとろになるまで、放っておかれて、たっぷりと快楽に責められます。
費やされる時間は10分とか20分とか、それは優子のからだの反応しだいです。



-6-

縛られたのは初めての優子、それも屈辱、三人の男子に囲まれて、縛られたんです。
手を後ろにして手首を交叉させて縛られ、余った縄は胸の上下にまわされています。
リーダーの光が、縛った優子をテーブルに伏せさせ、足をひろげさせて挿入でした。
勃起おちんぽを、後ろから膣へ、強引に挿入されてしまった大学二年生の優子です。
乳房が絞りあげられ、勃起おちんぽ挿入されて、乳首がピンピンになってしまいました。
いまは、後ろ手縛りで立たされたまま、翔太に抱かれて、上半身を愛撫されています。
「ああっ、だめですぅ、だめ、だめ、だめですぅ」
翔太に抱かれ、背中にまわった手を握られながら、ピンと立った乳首を、唇に挟まれる。
優子、出しおわった光と次に控えた健介に見られながら、ぷちゅぷちゅと吸われます。
ピリピリ、優子には、こんなにされて乳首を刺激されるのは初めて、でも感じちゃう。
「ううっ、ああん、だめ、だめ、あっ、ああん」
「ええ女やで、優子、学校で、見せへんよなぁ、こんな顔」
呻きだす優子の表情を見ている健介が、お腰の前に手を当てたまま、生唾を呑んじゃう。
「ほんまや、優子、おめこのなか、抜群やったぜ、やりがいあるぜ」
光が、先に優子の膣の締まり具合を経験して、ニタニタ、健介に言ってやります。
「ああん、やめてよぉ、こんなの、だめだよぉ、あああっ」
足首までのソックスを穿いただけの全裸に、上半身は緊縛姿の優子は、二十歳です。
大学で、男子たちのアイドル、女子にもうらやまれるほど、魅力をもった優子です。
その優子が、クラブの先輩三人に、高級マンションへ連れてこられ、調教の始まりです。
「ふふん、だいぶん、感じてきたんだね、優子、そろそろ股ぐらだなっ」
抱かれている翔太に、後ろの手を握られ、乳首から乳輪を唇で撫ぜられながらです。
乳房を絞りあげられている優子、翔太の右手で、乳房からお腰を愛撫されてきます。
そうして陰毛を撫ぜあげられ、優子の股間へ、翔太の手が、挿しこまれてくるんです。
ぴったし、太ももからお膝を合わせて閉じて、翔太の手から逃れようとする優子。
でも、容赦なく、翔太の右手が、股間へ挿しこまれ、ぷっくらの陰唇をさわってしまう。



-7-

男子三人の約束は、最初のいっぱつがおわるまで、膣に指を入れないこと。
その結果、翔太は、縛り上げた優子の股に手を入れたけど、陰唇を撫ぜるだけ。
優子を焦らせたあと、いよいよ翔太が、勃起おちんぽを、挿しちゃうんです。
「ふふん、優子よぉ、おれが、ほんばんいっぱつ、してやっからなっ」
「はぁあ、ああん、そんなこといわないでください・・・・」
翔太はもう、優子と結合したくって、うずうず、おちんぽは完全勃起状態です。
でも、優子は、犯される感覚だから、うれしいことなんてありません。
それよりも、羞恥心、屈辱感、気持ちが高揚するよりも、落ちこみです。
立たされたままの優子、部屋にある木製の背もたれ椅子に座らされます。
座らされた優子、背もたれの背中からの縄で、お膝を引き上げられます。
「ああ、ああん、こんな恰好、いやぁああん!」
開脚Mの格好になって、股間がひろげられて、真ん中が丸見えになったんです。
下半身裸になった翔太が、優子の前に立ち、勃起おちんぽを、見せつけます。
「ほら、見てくれよ、おれのちんぽだよ!」
「あああん、やめてよぉ、そんなの見せないでよぉ」 
優子、目の前に突きだされた翔太の勃起したおちんぽから、目を反らせます。
「ほら、見ろ、これ、優子に、入れてやるんやから、なっ」
そうして、翔太がスツールに座って、優子の股間へ、腰をぐぐっと接近させます。
後ろ手に縛られ、乳房を絞りあげられ、お股をひろげさせられた優子です。
優子の膣に挿し入れられる翔太の勃起おちんぽ、その亀頭が、没入です。
身動き取れない開脚M姿の優子へ、翔太の勃起おちんぽが、ぶすぶすっ!。
先に濡らされていたから、翔太の勃起おちんぽ、ぶすぶすと、なんなく挿入です。



-8-

大柄な翔太に、勃起おちんぽを挿入されたまま、乳房をまさぐられる優子です。
大学二年生、文学をお勉強中の二十歳、才女といえば頭が切れる女子、優子。
おからだは、158cm55㎏、バストもヒップもあるし、ウエストはくびれています。
清楚な感じの優子、男子たちの注目の的、メジャーじゃないけどアイドルです。
「優子、めっちゃ可愛いねぇ、おれ、感じちゃうから、なっ」
その、アイドル優子が、全裸で上半身を緊縛され、背もたれ椅子に開脚M姿です。
「いやぁああん、だめ、だめ、あかん、あかんですぅ・・・・」
「ふふん、優子、いい声だすんやなぁ、惚れちゃうよ、ほんとだよ!」
「ああん、そんなん、ゆうたら、あかん、あかんですぅ・・・・」
勃起おちんぽが、優子の膣深くに挿入されたまま、乳首をつままれているんです。
「乳首、ほらつ、ええ気持ちやろ、優子!」
「ひやぁあ、ああん、だめよ、だめだめ・・・・」
双方の乳首をつままれ、モミモミされながら、勃起おちんぽは、半分抜きだされます。
「ほうら、ちんぽ、挿しちゃうよぉ!」
「ああん、ひぃやぁああん、ひぃいい・・・・」
ぶっすん、一気に挿されて、そのまま10秒ほどストップ、そうして半分抜かれます。
翔太が一呼吸おいて、勃起おちんぽを、優子の膣に一気挿ししちゃうんです。
優子にしてみれば、なぶられながら、すこしづつ興奮させられていくから、辛いです。
「ええ気持ちだよ、優子、めっちゃ、ヌルヌルになってきてるぜ、お、ま、ん、こ、ぉ」
開脚Mすがたで上半身緊縛の可憐な優子を、正面からなぶっていく翔太です。
そうして、徐々に、勃起おちんぽの挿し抜きスピードがあげられてきます。
優子は、その勃起おちんぽが、膣襞をこすってくる摩擦で、ヒイヒイ喜悦です。
淫らなことが、高級マンションのリビングで、まだまだ執りおこなわれていくんです。



-9-

後ろ手縛りにされて乳房を絞りあげられ、背もたれ椅子に開脚M姿の優子。
絞りあがっで張った皮膚の乳房、そこを撫ぜられ、乳首をつままれ、揉まれます。
「いいねぇ、優子ぉ、感じてるんやろ、乳首、さぁ!」
「ひぃいいいっ、ああん、あああん!」
乳首を揉まれる、大学二年生、二十歳の優子、ぴりぴり感じてしまいます。
「ええ声やぁ、優子ぉ、もっともっとちんぽ、ぶすぶす、してやるよっ!」
正面から、翔太の勃起おちんぽを、膣に挿入され、襞をこすられているんです。
「ほうら、優子ぉ、いい気持やろ、ほうら、ほうらぁ」
ぶすぶす、ぶすぶす、開脚M姿にされた優子の正面から、翔太が挿しこみます。
「ひぃやぁああっ、ひぃいい、ひぃいい」
優子が洩らすお声は、快感そのものをからだの奥から発する感じです
その優子の呻き喘ぐ様子が、見ている男子、光と健介のこころを魅了します。
「感じてるんや、優子、めっちゃ、胸キュン、しちゃうじゃん」
「まあまあ、優子、ええ玉やから、大切に使ってやろうぜ」
「ひぃやぁあ、ああん、ひぃいい、ひぃいい~!」
ぶっとい勃起おちんぽを、優子のおめこに挿しこんで、ぐいぐい中へ押しこむ翔太。
ポニーテールの髪の毛、開脚M姿、優子は卑猥な黄色いお声を、あげちゃいます。
勃起おちんぽを挿された膣から、ヌルヌルのお蜜が、流れ出てくる優子です。
「優子、優子、われらのアイドル、希望の女神、中野優子、いいねぇ!」
ぐっと生唾を呑みながら、次にひかえる健介が、優子の陰毛を撫ぜあげます。
「翔太、早くしろ、おれは待ってるんやぜぇ!」
健介の言葉で翔太は、おちんぽの挿し抜きのスピードを、一秒に一回にします。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃやぁあ、ああん」
優子、もう、ぬれぬれ、おからだの芯が萌えてきて、恥も外聞もなく、お悶えです。



-10-

ぶすぶす、正面から挿しこまれる勃起おちんぽに優子、翻弄されています。
淫乱部屋と名付けられたマンションの一室、背もたれ椅子にお尻をおいている優子。
上半身、手を後ろにして縛られ、乳房が絞りあげられている姿です。
椅子の後ろからまわされた縄で、お膝がひろげられ、引き上げられています。
見るも無残な格好で、男子たちは大喜びのポーズ、恥ずかしい処が全開です。
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
ぶすぶす、ぶすぶす、翔太の勃起おちんぽは、長さが15cm、太さが5cmです。
「ほうら、優子、ええやろ、ほうらぁ!」
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいい、やぁああん」
緊縛された上半身をくねらせ、悶える優子は大学二年生文学部、二十歳。
「おおっ、おおっ、優子、イッテしまうんかい、アクメへ!」
でっかい亀頭で、くびれたカリ首で、膣の襞をじゅるじゅるとこすられる優子。
優子のお顔が、喜悦にゆがみ、苦痛なのか快楽なのか、お声をあげちゃう。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいいいい~っ!」
一秒間に一回から二回のピストン運動になって、いったん引き抜かれます。
そうして、スキンをつけられた勃起おちんぽで、優子、射精されちゃいます。
「ううっううっ、おおおおっ、でるでるでるぅ!」
「あああん、ひぃやぁあああん、ひいひいひいっ!」
翔太が、ピストンスピードを上げてきて、お顔をひきつらせて、こらえます。
優子だって、もう、身動き取れない裸体だけれど、ぴくんぴくんの痙攣です。
翔太が、優子のなかで射精したとき、優子は、まだアクメの一歩手前です。
「おおっ、でた、でた、出ちゃったよお!」
「ひぃやぁああっ、ひぃいいいい、いいいいっ!」
射精を受けて、ピクンピクンを感じて優子は反り返り、太もも大きく開きます。
ぐぐっと迫ってきたどん欲な快感、二十歳の優子、めっちゃ感じて狂ってしまいます。
ようやく、射精おわったおちんぽを、引き抜かれて、スキンの処理をされちゃう。
優子は、がっくり、でもまだまだ、あとひとり、健介を受け入れちゃうんです。
うずうずしているのは、三番手になった健介、そのまま優子に、抱きつきます。



-11-

淫乱部屋の背もたれ椅子に、開脚M姿にされている優子は大学二年生。
三人の先輩男子に連れられて、高級マンションの一室へ来てしまったんです。
手腕を背中で縛られ、胸の上下に縄が巻かれて絞られ、ぷっくら乳房の優子。
全裸の優子、開脚M姿だから、見られて恥ずかしい股間が、丸出しです。
光がおわり翔太がおわって健介が、優子に勃起おちんぽを挿入するんです。
「ええ顔いろやなぁ、優子、たっぷり、楽しませてもらうわ」
「はぁああ、ああん、きついのに、したら、あかんですぅ・・・・」
二人の射精をうけたあとの優子は、うっとり、お顔を赤らめ、放心しています。
健介のことばに、優子は、うめくような声で、応えてしまいます。
大柄の健介、優子の前のスツールに、座わって背もたれごと抱いています。
腰から突き出る勃起おちんぽ、優子のおめこにぶっすり、挿しこまれています。
「ああっ、あああん、はぁあああっ」
優子は、もう恥ずかしさをこえてしまって、光と翔太に見られるままです。
陰部に男性器を挿しこまれる様を、じっと二人に見入られている優子です。
健介が、ぶすぶす、じゅるじゅる、勃起おちんぽを挿して抜いての動作をします。
ぶちゅぶちゅ、健介、優子のおめこにおちんぽ挿しこみ、昂奮しています。
「おおおっ、優子、ええ、ええ、めっちゃ、ええでぇ」
ぶすぶす、ぶすぶす、スツールに座ったまま、お腰を前へ後ろへ、です。
優子だって、感じちゃいます、とっても、さっきより、もっともっと、快感です。
お股の奥、子宮の中、お腹全体が、うずうず、じんじん、えぐられる感じです。
「ひぃいい、やぁああ、ひぃいい、ひぃいいい」
後ろ手縛りにされたうえ、開脚M姿にされてしまって、真ん中へ勃起おちんぽ。
優子、文学部二年生、二十歳、すごい経験、男子たちに快楽へ導かれます。
「おおっ、優子、よう締まってるよぉ、お、め、こ、ぉ!」
健介、ぶすぶす、一秒間に一回以上のスピードで、挿し抜きしています。
「ひぃいい、ひぃいいい、ひぃいい、いいっ」
ひいひい、優子がお声をだしてくるから、健介、胸キュンキュン、しています。
そうして、健介、射精したい衝動に見舞われて、勃起おちんぽ抜いちゃいます。
スキンをつけて、優子のなかで、射精しちゃうんです。



-12-

手首を後で縛られて、木製の背もたれ椅子に座らされ、開脚M姿にされている優子。
乳房を絞り上げている縄が、大学二年生二十歳の優子には、痛々しい感じです。   
ぱっくりと広げられてしまった優子の股間、隠すものは何もなく、陰唇、剥き出しです。
スキンをつけた健介が、股をひろげた優子の膣へ、勃起おちんぽを挿しこみます。
「ほおらぁ、優子ぉ、ええやろぉ、ちんぽぉ」
「ひぃいい、やぁあああ、ひぃいいっ、いいいいっ」
すでにへろへろになっている優子、膣へぶすぶすっと挿しこまれて、たまりません。
あまりの快感、喜悦のお声をあげてしまって、健介だけじゃなく、光も翔太も喜びます。
「かわいい優子、われらのアイドル、ええ声やぁ、お汁でべちゃべちゃやん」
「ほんまやぁ、優子、おめこ、べちゃべちゃ、このままイクんやろ」
「ああああっ、ひぃやぁああん、ひぃいいいい~っ!」
ぶすぶす、健介のピストン運動スピードが、一秒間に二回の速さになります。
二回になったかと思うと、ゆっくりスピードになり、優子の気が静められるんです。
翔太が優子の乳首を指間に挟み、盛り上がる乳房を手の平に包んで揉みだします。
光は優子の頬へ手を当て、指で唇を割ってお口のなかへ、手を挿しこんでやります。
優子がアクメにのぼり、オーガズムを迎えたときの痙攣を、おさえるためにです。
「ほうらぁ、イクかぁ、優子ぉ、ほうら、ほうら、ほうら」
ぶすぶす、ぶすぶす、ふたたび健介のピストン運動が、速められて、一秒に二回です。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいいい、うううう、ぐぅうううっ!」
優子、太ももをぎゅっとひろげ、お膝を揺すりだし、つま先に力を入れちゃいます。
おっぱいがぷっくら膨れあがって、乳首がぴんぴんになってきちゃいます。
「ううううっ、ぐぅうううっ、ううううっ!」
お顔をあげ、胸を突出し、足をぎゅっと開いて、その真中へ、勃起おちんぽが、です。
ぶすぶす、ぶすぶす、ピストンスピードをあげた勃起おちんぽ、優子、アクメにのぼります。
「ひぃいいいい~~っ、ぐぅうううっ、ううううっ、ひぃいいいい~~!」
優子のオーガズム、二十歳、大学二年生、だれも見たことがない優子のアクメです。
ぴしゅんぴしゅんとおしっこ飛ばし、太ももぴくぴく痙攣させて、優子、気を失います。
緊縛されたまま、開脚M姿にされたまま、アクメにのぼってがっくり、気を失った優子です。