おもふこと色々-2-
 可奈ちゃんのこと(2)
2006.11.11〜2006.12.26


     

<可奈ちゃんのこと-6->
2006.11.11

可奈ちゃんがえっちしたいと想う相手のひととは、愛で結ばれる関係でないとだめなんです。ではね、ここでゆう<愛>ってどんなんかとゆうと、心が交流していて、交感してるんやと感じる♂さんにたいして施してあげる性行為です。じゃぁ、<性行為>ってなにかってゆうと、ああん、男のヒトのおちんぽが、可奈ちゃんのお股のワレメの中に入ってくることです。つまり、じつわ、生殖のための行為なのです、けど、ね、可奈ちゃんは、この目的じたいを排除して、目的を達そうとするんです。つまり生殖行為を非生殖なようにして、生殖行為をすること。これが可奈ちゃんが想っている<性行為>なんです。

ああん、可奈ちゃん、こんなこと考えてるだけで、うずうずしてきます。可奈ちゃんを、おちんぽでぐりぐりやってほしいです。可奈ちゃんは、おちんぽが入りやすいように、蜜をいっぱい出してあげます。ぬるぬるのお蜜です。お蜜は♂さんもお出しになりますよね。透明の潤滑液です。可奈ちゃんは、この♂さんがお出しになる潤滑液をね、舐めたことあるんですって。とろっとしてぬるぬるな感じで、味は感じなかったけど、舐めて、ふ〜っといい気持に見舞われてしまって、可奈ちゃんは蜜がじゅるじゅると湧き出てくるって感じて、お腹の奥のほうが、うずうずってしてきたんですって。

お花がね、おひさまの暖かさで花弁を開くように、可奈ちゃんも暖かい愛の交感を受けて、お股の壷を開くんです。♂さんのおちんぽが、ぐりぐりって挿入されるのを心待ちするんです。ああん、可奈ちゃん、こんなこと書いてたら、♂さんなしで、発情しはじめちゃったです。ああん、だめですよねぇ、ここではマジメなお話をしようと思ってるのんに、ああ、だめよねぇ、♂さんを求めてるwww。いけない子、可奈ちゃん。だめよ、妄想しちゃ、だめですよ。ああん、どっかでやりたいデスwww。

     

可奈ちゃんって、あほちゃんなんです。いっぱいえっちなことを妄想していて、ひとりで遊んでるあほちゃんなんです。でも、こんなあほちゃんがいないと、世の中ってぎすぎすしちゃって、どうしようもないでしょ。そやから、可奈ちゃんみたいな子がいることで、みんな救われるんですよ。ひょっとしたら可奈ちゃんって、魔女なんかも知れへんよ、ねぇ。ふふっ、ぜんぶ、うそ、可奈ちゃんは、ちょっとえっちな女の子なだけです。


<可奈ちゃんのこと-7->
2006.11.12

可奈ちゃんは京都に住んでいらっしゃいます。今年26歳の女です。京都生まれ、京都育ち、京都在住です。まあ、いってみれば純粋京娘、っていえると思います。まあ、じぶんで言ってしまうにはかなりの偏見があると思いますけど、京都の雰囲気って好きです。あんまし人目につくような、キャリアウーマン的なことは好きでないです。どっちかゆうと、おっとり、のんびり、内気だと思っています。好きなのは、桜の花とかボタンの花、それに和服の着物ですね。でも、和服を着る生活はしてないんで、いにしえへの興味だと思っています。

ええ、ふつうにどこにでもいる女の子だと思います。マクドとかモスとか、ミスドなんかで食べるし、ローソンとかサンクスとかセブンイレブンとかで買い物するし、たぶんふつうでしょ??!。そうですねえ、ちょっとえろっちいのんが、人並み以上なんかも知れません。でも、これってどうしょうもないんですよね。でも、淫らじゃないです。男のヒトとは節度を持って(笑)会話を交わすことしかしていません。本格的な恋愛は、二十歳からの二年間ほど、セックス体験込みの恋愛です。ああ、恋愛じゃなかったかもしれません。彼は、わたしをセフレだと思ってたんかも知れません。

     

可奈ちゃんは、マジメな子なんですよ。ただし、性欲はあります。開発されちゃったんでしょうね。きっと、めろんめろんになるまで、開発されちゃったんでしょうね。だってねぇ、いくら二十歳で若くて体力あるっていっても、めろんめろん、からだががくがくしちゃうほど、やりまくってしまったんですから、ああ、そのことを思い出すと、疼いちゃうんですよねぇ。ああ、こんなこと思って、書いてたら、あかんですね。もうちょっとまともな文章を書かないといけませんね。反省しますwww。


ちょっとだけ自己紹介します
2006.12.4

押辺可奈といいます♀です。
京都生まれで京都に住んでいます。
1980年生まれです。

いまお勉強中なのは、小説と写真です。
そうですね、ちょっとえろいんですけど、女の子が主人公です。
わたしが二十歳のころの体験をベースにして、小説にしています。

内容がちょっとやばいんで、叱られています。
なんで、ここではちょっとおとなしめにしていこうと思ってるんです。
けど、まあ、根っ子からえっちい女やから、うずうずしてて、ぼちぼちやっていきます。
そんなんで、よろしく可奈を可愛がってください。

     

彼がとってくれた写真、二十歳のころのわたしです。


今日は雨ですねぇ
2006.12.9

そんなにきつくはないけど、雨が降っていて、ちょっと寒くって、いやですねぇ。
こんなお天気って、こころが沈んでしまいます。それに土曜日ですよね。

なにかええことないかなぁ、なんて言っていてもあかんですね。自分で行動しないとダメですよね。

そう思ってえろっちいわたし、ブログなんかに小説書いて、写真を貼り付けていたんですけど、ちょっと内容がきつかったのかなぁ、閉鎖、抹消、ああん、もうやる気なくしてしもて、ちょっと凹んでいます。

こんなお写真やったらいいんですよね。
ちょっとおいろけでしょ(笑)

     


ちょっとえろいですけど
2006.12.10

きょうはとっても良い天気、青空、でもね、風が吹いてちょっと寒いです。
もう12月10日やし、冬の気候なんですよね。
こんな日って、お部屋にはストーブ入れて、暖かくしておいて、それでエチいことしちゃうんよね。
可奈、うずうずしてて、ついついお触りしてりして、濡らしてしまう。

ああ、いい人いないんで、ひとりエチするしかないんです。
ひとりでいい気持ちになっても、つまんないなぁって、おもってます。
そやけど、やってしまうんよね、オナニをついつい、いけない子ですよね。

     


ふぅうデス
2006.12.13

雨ですねえ、お部屋にとじこもったきりです。
なんか淋しくなってきちゃいます。
だれかええ人いやへんかなぁ、ってついつい想ってしまいます。
淋しいひとり暮らしです。

慰め、じぶんで自分を慰め、ああん、自分で慰める。
うずうずしていて、ついつい、やってしまう。
そうしてちょっとええ気持ちになってしもて、淋しくなっちゃうの。
いけない子です。

ふぅ、ふぅ、ふぅう、溜息のような、恍惚のような感じです。
もうお外も真っ暗になって、ストーブで暖かくなってるお部屋で、やっちゃうのね。
ああん、はぁああ〜ん、だれかしてほしいです。
可奈をかわいがってほしいです。

     


雨ですね、オナ雨
2006.12.14

ちょっと寒くて、雨がしとしと、こんなんやと、気分めいります。そいで、ね、可奈、こんなときわ、ね、オナしたい気分になってきて、やっちゃうのね。いま、あそこで 、やってしもたんです。ぉ指をつかって、ああ、いい気持ちになってしもたんです。そいで、ここへやってきたんです。

可奈のことを知ってほしいと思っています。
可奈って、ほんとえっちいな女です。
でも、ね、顔がみえないここだから、こんなことゆうてるけど、ほんとわ恥ずかしいんです。
さいきんSMチックになってしもて、ああ、もうお写真なんて見たりしただけで、うずうずになっちゃうのんです。
でも、ね、ここではそんなの載せられへんので、今日はこれ、可奈のコレクションです。
でわでわまた、ね。

     


いい天気になってよかったデス
2006.12.15

きょうはいい天気になって、こころも晴れやかな感じです。
可奈って、動物だから、お天気でけっこう気分が変わっちゃいます。
やっぱ、青空でお日さまが出てて、ぽかぽかがいいです。
ちょっとルンルンって感じですwww。

今日のお写真は・・・これ。
こんなんにしてほしいなぁって想って・・・

     


冬ざれの空ですね
2006.12.17

お空が曇ってて、それにとても寒くなった感じで、冬ざれていて、お部屋にストーブつけて、暖かにして、そしたら薄着でもだいじょうぶでしょ!まだパジャマ着たままなんですけど、きょうわ日曜日、さっき目覚めて、ベッドから抜け出てきて、いまパソの前に座ってるwww。

可奈がいるお部屋、ここわ、京都の金閣寺の近くなんですよ。可奈は、京都に住んでるんですよ。生まれも育ちも京都なんですけど、いまはワンルームにひとり暮らししています。彼は、いません。バツイチじゃないけど、もう3年前に彼とは別れて、それからひとり暮らしです。

ああ、彼、ほしい、って、おもってますけど、元彼のこと思い出すと、ついつい億劫になってしもて、身構えてしもて、そやからリアルな関係は、いまは、ありません。ひとりって、淋しいですけど、ああ、だれかほしいって思う気持ちと、あかんって思う気持ちと、入り混じってるデス。

うずうずしてて、ちょっとハードなお写真を載せて自己満足します。管理者さまに叱られるかも知れませんけど、まあ、載せてみます。こんなの、可奈の願望なのかも知れません。

     


可奈、淋しいデス
2006.12.18

冬ざれて寒いし、お外、もう真っ暗やし、なんとなく淋しくなってきて、慰めてしまいたい、なんて想ってしもて、ああ、いけない子です。オナしても、またすぐにやりたくなってしまうし、ああ、だめです。

可奈は、ひとりで、これからご飯たべます。あんまり気乗りしないけど、食べないとダメでしょ。ああ、可奈、淋しいです。だれか慰めて悦ばせてくれるヒト、ああ、そんなヒトいやへんのんで、可奈、やっぱ自慰しちゃうんです。

     

可奈のバックスタイル、アアン、お尻ちっちゃいんで恥ずかしいデスwww。


夜も更けてきて・・・
2006.12.19

ちょっと淋しげで、うずうず情がわいてきます。

ああ、もう、だれかいいヒトと、 いっしょにご夜食をたべて、
そいで、うずうず情を、抱きっこで解消したいデス。

じゅるじゅる、ずぼずぼしてもらったら、はぁあ〜、デスよね。

     

☆えろす伸子

☆愛の日々、裕子物語

こんなお小説を書いてると、ね。 あそこが、じゅるじゅるになっちゃうんです。
そやから、可奈、オナしてしまうんやねぇ。
いけない子やと思うけど、しやないわ、ねぇ。

可奈のホムペです、 みなさまに見ていただいて、うれしいですwww。

 でわ、であ、また明日、ね。


こんばんわ〜!可奈デス
2006.12.20

もう、こんばんわ〜の時間かなぁ
まだ6時前やとゆうのに暗いですねぇ

また夜がやってきますよね。
なんとなく寒くって、からだもこころも・・・デス

ぉ小説も書けたし、オナもしちゃたし、
言い残すことはないんですけど、

やっぱ、だれかといっしょにお食事したい。
こちょこちょしたい。
ぺろぺろしたい。
ぶすぶすしてほしい。
ぐりぐりしてほしい。

そんなことばっか想ってるwwww

     


雨が降っています
2006.12.26

もうクリスマスが終わって、あとはお正月を待つだけとなってしまいました。
なんだか、忙しかったわけでもないんですけど、ご無沙汰してしまいました。

今日は雨、かなりきつい雨が降っています、京都です。
あんましえろっちいことも控えめにして、でもね、ぉ小説は書いていますので、また、読んでやってくださいませ、ね。

また、年内、書きたいと思っています。
でも、いちおう、みなさま、いいお年をお迎えくださいませ、ね。

     


なにしてますか
2006.12.27

こんばんわ、いま、なにしてたと思う、
可奈ねぇ、ちょっとえっちいことしてました。

びびびび〜って音がしてて、ね、そいであそこにあてて、ああん、いれちゃたりして、アア、いい気持ちになっちゃったんです。
だって、もう夜もふけてきて、なのに、ひとりだし、つまんないんです。

ああん、こんなときに彼がいたら、いいことしてるんやろなぁ。
想うだけで、可奈、もうぼ〜っとなってきちゃうwww。

あと少しでお正月ですね。

     

この写メールで、年賀状にしちゃおかなぁ。。。
でわ、おやすみなさ〜い。。。


こんばんわ〜!
2006.12.28

はやい、もう11時すぎてしまって、日付がかわります。
12月29日、ああん、もうせっぱつまってきちゃいますね。

おおつもごりなんてもすぐじゃん、
それに寒くなってきて、雪が降ってるとこがあるんよね。

京都はまだ雪ふってないけど、寒い日になってましたね。
もう寝ます、可奈、マジメでしょ、
朝早く起きて、ふふ、早寝早起き、健康にいいんですよねぇ

     

でわでわ、おやすなさい。


可奈の写メールです
2006.12.29

こんにちわ〜可奈ですww!
もうすぐお正月ですね。
今日は12月29日なんですよねぇ。
今日なんか、朝から雪が降ってきて、冬やなぁって思いました。

この前から携帯で撮ったんを載せて、写メールなんやけど、
おもしろそうなんで、可奈、はまってまして、
手に持ってセルフポしたり、ともだち撮ったりしてて、
ここに載せていこかなぁって思ってるとこです。

その手はじめに、ブラすがたのセルフポですwww.

     

よいお年をお迎えください、ね。


こんばんわ、可奈です
2006.12.30

あしたからちょっと旅するんで、今日が今年最後の日記になるんですよね。べつになんのこともあらへんのですけど、単に月が替わるゆうだけやのに、お正月なんよね。

今年は、あちこちのブログにぉ小説を書いてたら、ほとんど消されてしもて、最悪でしたaaaデス。

ちょっと、だいぶん、えろい内容なんで、あかんのやね。読むひとが喜ぶ内容は、管理者さまがお許しにならないんですね。えろい小説が公認されたら、文学者のひと、お困りになるさかいね。そんなええかっこしんでも、本音ゆうたらええのに、って愚痴りたくなるよね。

     

みなさま、いいお年をお迎えくださいませ、ね。





可奈の手記

おもふこと色々-2-





HOME

かおり

小説集のご案内



小説と手記

表紙目次に戻る